FPの実践ブログ!アメリカ株、投資信託など

スマホでの少額から始める投資(ワンタップバイ)、新しい技術(仮想通貨)、新しい製品、ドローンなど好奇心の赴くままを書きます

株について、投資信託について

日本株、アメリカ株、さらには日本の投資信託や海外投資信託についても

お金もパーソナルトレーニングの時代だからマンツーマンで勉強!女性のマネーレッスンbookeeを見学に

女性のための「お金の習いごと」は証券会社の口座の開き方という初歩から学べる お金のライザップと例えられるくらい「マンツーマン」でトレーナーがついて、お金について学べるのが、女性のためのお金の学校、個人レッスンの「bookee(ブーキー)」です。 …

S&P500のETFを買うつもりが迷っている間に、反転していた

アメリカの株式市場は、なぜずるずる落ちているのか アメリカ芙蓉の花。 アメリカ株への挑戦をワンタップバイで行っているという実況中継的ブログです。 2018年12月当時の記録用です。あとから振り返るとおもしろいだろうなという気持ちですね。 昨日…

まつのすけさんの本でイベント投資を学ぶ『会社員をしつつ、株で元手40万から月250万ちょい稼いでいる件』

『会社員をしつつ、株で元手40万から月250万ちょい稼いでいる件』を読みました 読んでいた書籍を徐々に紹介するブログです。汗牛充棟といえる私の蔵書、すぐに書籍を買ってしまうのがいけません。買っておきながら、なかなか読み進める時間がなかったり…

『60歳から10万円で始める高配当株投資術』を読んだので紹介します

買ってはいけない株と買うべき株の選び方も教えてくれる 心惹かれる「袋とじ」の特典付き! 配当利回りが良いものを買い、あとは配当金をもらいつづけるだけ、というのが高配当株への投資のキモです。 それも一般には今まで経験がなければ、株への投資はしな…

『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』を読みました!岩崎淳子【著】

お金が貯まる方法とは?何もしない&平均狙いが一番手堅いというテク 最近ご無沙汰になってしまっていた読書感想のシリーズです。 今回は、『お金が勝手に貯まってしまう最高の家計』というステキな題名の本です。 「節約しているのにお金が貯まらない」 「…

つみたてNISAを比較して、ひふみ投信を選ぶ人もいることでしょう

積立NISAが2018年の注目の的に 始まるのは2018年からなのですが、すでに金融機関は走り出していますよー つみたてNISAの話です。 積立NISAが2018年の注目の的に つみたてNISAの対象商品 インデックスファンドがメインだけど、アクティブファンド…

値段が上がると買いたくなり、下がると買う気が失せるのはビットコインも同じ

NHKでもビットコインの急騰のニュースが流れるように ビットコインの値段の上がり下がりにNHKが反応したというのは、あまり記憶にないのですが(ビットコインについては報道ありだけど)、さすがに100万円から200万円に短期間で上がったので、取り上げ…

投資信託の資金流出と流入額のランキングをみて

2017年1月から10月までの投資信託からの純流出、純流入額のトップ5 11月11日の朝日新聞の「知りたい投信なるほどリッパー」をみていましたら、今年1月から10月までの投資信託の資金純流出入額ランキングが載っていました。 ファンド名が書いてあるの…

仮想通貨をやってからドル建て日経平均を知るようになった

まずはビットコインなど仮想通貨の話(含む反省会) 仮想通貨をお小遣い程度にやり始めてから、ただチャートを眺めていた時と真剣味が違ってきたという話を書いてきました。 ビットコインが日本では知られていて仮想通貨のことはよくわからない人でもビット…

夏休みは株の勉強はいかが?東京証券取引所(東証アローズ)へ見学に行ってきた

無料で学べる株取引、立会場など株に関する歴史も 先日、東京証券取引所に行ってきました。東京証券取引所では見学できるところがあると、以前から聞いていたのですがなかなか行く機会がなかったのです。 ちょうど東京証券取引所の近くで用事がありまして、…

ひふみ投信は私もやっていますが、「カンブリア宮殿」で知った人が増えた

ユーチューブを見て情報開示をしっかりしていることを確認 ひふみ投信をやっているというべきなのか、ひふみ投信の投資信託を買っているというべきなのか、どういうのが正確なのかわかりませんが、タイトルのとおり、DCのほうで、私も「 レオスのひふみ投信 …

最近の村上世彰氏を見に、特別セミナーに行ってきました(『生涯投資家』)

八重洲ブックセンターで開かれたセミナーに行ったら、『生涯投資家』をまたゲット 意味もなく、書籍の表紙に東京証券取引所の写真があったので、東京証券取引所のクリップを上に乗せてみました。 さて、7月25日に八重洲ブックセンターで開かれた村上世彰…

『生涯投資家』村上ファンドで有名な村上世彰氏の本を読んだ

最近の村上氏の写真を見たので変化に驚きながら読みました 初版1刷ゲット、ということで、『生涯投資家』読みました。 書いているうちに長文ブログになってしまいました。 最近の村上氏の写真を見たので変化に驚きながら読みました 村上ファンド事件とは何…

長期的に運用成績が良い投資信託も参考になります

投資信託の積立を実践している人たちにも参考になるかと 2017年のR&Iファンド大賞が発表になっていました。 日本には、たくさんの投資信託がありますから、一体どれを選んでおけばいいのかさっぱりわからんという人も多いことでしょう。インデックスフ…

投信の資金流入8割減の話と、投資信託に関するアンケート(投資信託協会)結果

投資信託にもいろいろあり資金一括して入れて分配金をもらうタイプかと 前年度に比べて8割減少しただとか、投資信託はリーマンショック直前以来8年ぶりの低水準、と言われるとなんだか投資信託を持っていていいのだろうかと思いますが、減ったのは、主に退…

『ものぐさ投資術』ものぐさでいいのです。投資信託の積み立てで

「定額積み立て分散投資」入門ということで 株式の勉強にも通っている私ですが、個別株はかなりの勉強をしないとダメだろうなという感想をいつも持っています。短信をしっかり読むとか、会計の知識も必要です。 デイトレーダーのように毎日、相場に張り付く…

長期・積立・分散投資が重要ということで

預金から投資へ。勤労所得を増やすのは限界があるから どこかの金融機関が言っているのではありませんよ。金融庁です。 金融庁が長期、積立、分散投資を知ってもらえるように、検討中なのですよ。 家計の安定的な資産形成に関する有識者会議:金融庁 なぜっ…

『退職金バカ』という刺激的なタイトルの本(投資信託関連)を読んでます

投資信託での長期投資を勧める中身の書籍ですが 2月13日は、NISAの日です。NISAで使われるにふさわしいと考えられる投資信託を選んだ「R&I NISA スクリーニング」の基準を満たし た投資信託156本が公表されていまして、そこでも選ばれていたセゾン投信の…

『3000円投資生活』、横山光昭さんの書籍を読みまして、投資信託を改めて研究です

タイトルには「はじめての人のための」と付いています 話題の書籍を読みました。1ヶ月、3000円なら、なんとかなる人も多いかと思うんですよ。それで、そのことについても、ブログに書こうと思いながら、日は流れ。 ブログ目次 タイトルには「はじめての…

投資信託の勉強会に参加してきました

「投資信託をもうちょっと身近に感じてみよう」勉強会 以前から知ってはいたものの、なかなか行く機会がなかった、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」という集まりに、今年の3月、やっと勇気を出して行ってみることにしました。 私の場合、塩漬けの個…