埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳。専門家(DCプランナー1級取得)の視点で少額から始める投資、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



法律書など専門書は専門の買取業者に買い取ってもらいましょう

専門書はそれなりの目利きがいる古本屋さんへ

今日は、主に私の同業者に向けて書きましょう。

それと私が合格した資格試験の受験生も含みます。

 

 

私たちの商売は、書籍が一般の会社の「仕入れ」みたいなものです。

 

 f:id:rumimarusr:20170831170951j:image

 

書籍代は、かなり恐ろしいくらいかかっているはずです。確定申告の時の書籍代の項目をみると、1年単位になるとけっこうな金額になっていますよね。

 

書棚に本は溜まっていく一方です。

 

それで、当面の間使わないような書籍をたまに近所の某古本買い取り店のようなお店に持っていくのですが、「専門書」は購入する時とても高いのに、買取価格があまりにも安いのです。

 

100円、50円、中には値段がつかない(すなわちゼロ円)なんていう書籍もありました。

 

がっかりしたのを覚えています。

 

購入する時は、あんなに高かったのに。

本の価値をわかっていないのでは?と。

 

法律関係に限らず、専門書というものは、それで勉強している人にとってはすごく必要なものなのですが、一般書籍を扱うお店にとっては売れるとも限らない本ですから、買い叩かれてしまうのですね。

 

しか~し、個人の古本屋さんに聞きましたら、それ専門のお店に持っていけば、もっと高いお金で(私たちにとっては納得のいく値段で)買い取ってくれるよ、とのことでした。

 

しかし、どこへ持っていけばいいのやら。

 

確かに目利きのお店に持っていけば、それ相当のお金で買い取ってくれることでしょう。

 

専門書はその専門の人が行くお店にあれば、買ってくれるのですから。

 

本業が忙しいから、ネットで済ませたい

そこでふと思ったのが、Amazonのマーケットプレイスです。

 

あそこなら、欲しい人がいるわけですから、買ってもらえます。特に、専門書は他で見つからないこともあって、探している人がいます。

 

私自身も以前欲しかった専門書があって、発行年月が古かったのでもちろん売り切れでしたが、Amazonのマーケットプレイスで手にいれたことが何度もありました。

 

中には、絶版になっていて高値になってしまっていたものもありました。

 

そういえば、私の知り合いの同業の先生は、絶版になっていた書籍を買うためにAmazonで見つけたら、高値だったけれど、他の人に買われないうちに買ったと言っていましたよ。それくらい、専門書は、その道の人には価値があるものなのです。

 

 

ただ、あまりにも専門書の出品が多いと、今度は本業をやりながらAmazonのマーケットプレイスに出品して、発送してという時間がとれません。

 

でも、正当な値段で、次の人に買ってもらいたい。ジレンマです。

 

某新古書店のような、その専門書の価値がわかっていないような値段ではなく、買ってもらうには、どうしたらいいのか。

 

本業があるから、時間がない、

Amazonのマーケットプレイスで古本を出す時間がない、

メルカリやらヤフオクやらでのやり取りまで行えない、

でも、正当な値段で買い取ってほしい、

 

そのような悩みを持った人のための買取店をみつけました。

「専門書アカデミー」 です。

 

私たち同業のための買取店みたいなものです。

 

資格試験の教材でもいいのだそうですよ。

行政書士、司法書士、宅建士、社労士、FPの教材、問題集、教本などです。

 

その資格試験を取りたい人には参考になるけれど、それ以外の人には見向きもされない本です。だから、新古書店によっては、教材だと買取しないとか、0円ですよと言われることもあります。

 

そのほか、大学の専門書、教授が指定した書籍を売りたい、というのでもいいですね。

 

専門書の場合、本当に必要になったら、年代が古くても手に入れたいことがありますからね。

 

ここの「専門書アカデミー」 は、それがわかっている会社です。

 

でも、やみくもに買っているわけではありません。1冊ごとに人気や需要を見て値段を決めているそうです。

 

ですから、当然、発行年月が古くても人気のものは買い取ってくれます。

 

それができる(目利きであって値段を決められる)のは、専門書の買取を専門に扱っている買取店だからです(なんだか、専門書を専門にというと、ややこしいですが)。

 

また、買取は宅配便の着払いで全国送料無料ですし、 希望者には段ボール10箱まで無料でプレゼントしています。

 

キャンペーンも時々やっているようですし、サイトをみますと、どんな本がどれくらいの値段になっているかわかりやすくなっています(そもそも近所の新古書店では値段が0円になったりしているくらいですから)。

 

それに、ネットでの買い取りに特化していますから、かなりシステム化されています。ネットでのやり取りで、経費が削減されているから(全国チェーン店のような大きな店舗が必要ない)その分高価買取できるようになっているのです。

 

さらに、専門書の取扱になれているので、スピードが違います。

 

これは私たち同業者ならわかりますよね。

 

あれこれといろんな業務を行う事務所よりも専門特化した事務所のほうが書類等もすでに用意されていますし、いちいち確認のために調べることもありませんよね(久しぶりの業務だと、電話で即答できないはずです)。システマティックになっているものです。

 

それと同じ。そう考えると、納得しませんか。

 

 

スピード査定という方法もあって、それなりの金額になるのでしょうが、この場合なら、「到着翌日から3営業日以内に買取代金のお支払いまで完了」ということです。

 

まとめますと、

私たちのような仕事だと、専門書が多量にある。

売る場合も多量になりがちなので、10冊以上なら送料無料の点がよい

(ダンボールに入れて着払い)

スピード買取という方法もある(本業が忙しい人は結果も早く知りたいでしょう)

希望すれば、1点ごとの金額も教えてくれる

ネットで申し込みできるので、本業が終わったあとの深夜でも申し込み可能

専門書に特化

希望者にはダンボール10箱まで無料

 

このような点ではないでしょうか。

 

私の甥っ子は、医学生なので、予備校時代のテキストや現在使っている専門書、医学書など、売るものがあった場合は、このサイトに、と教えておきました!

 

法律書だけではないので、私の身内にも教えています(英語の検定試験なんかもいいみたいです)。

 

ネットでわざわざ重たい書籍を古本屋さんに持っていく必要もない、専門買取サイトは 

 

>>>>大学教科書・専門書・医学書 専門買取サイト「専門書アカデミー」