FPの実践ブログ!アメリカ株、投資信託など

スマホでの少額から始める投資(ワンタップバイ)、新しい技術(仮想通貨)、新しい製品、ドローンなど好奇心の赴くままを書きます

ドンペリがいただけるという話題のふるさと納税

12月に駆け込みも多いふるさと納税はギリギリセーフもあり?

f:id:rumimarusr:20171005043536j:plain

ふるさと納税については今まで、書籍を中心にご紹介してきました。

とは言うものの、一時期よりは過熱感が抑えられたように思います。

 

以前はテレビの特集などでも取り上げられていましたからね。

 

最近見かけるのは、「行き過ぎたふるさと納税」のほうですからね。

 

しかし、ふるさと納税は根強い人気を保っています。ふるさと納税が楽しみ、という人だっているのですから。

 

特に、11月、12月になると駆け込みの寄付が増えるようです。

 

中には、思ったよりも納税額が増えそうという自分でも意外だったと思っている人の駆け込みもあります。

 

特に、年末調整、個人事業の自営業の人たちは、12月になったら、はっと我にかえることが多いのではないでしょうか(実は、私も同じパターン)。

 

その年の年内に市区町村の自治体の口座に着金した寄付が、その年のふるさと納税の対象になります。

 

その年の年内の営業日中に銀行や郵便局の口座に届かず、翌年の営業日に着金した場合は、 翌年のふるさと納税として受け付けられますよ。

 

営業日中です。営業日。

 

また、寄付という性質上、キャンセルはできませんから、これまた注意が必要です。

 

寄付ですからね。あくまでも寄付ですよ。品物を買う、ではございません。

 

それとあわてがちなのが、寄付証明書が届くのか?です。

確定申告に必要な寄付証明書も基本的に入金してから1ヶ月くらいはかかりますよね。

 

年末に入金されたものについて、今回紹介するサイトにも「2月~3月の確定申告には充分間に合うようご送付いたします」と書いてありました。

 

ワンストップ申請についても、自治体によっては、ワンストップ申請をするか、しないに関わらず、申請の紙を送っているところもあって、混乱しがちです。

 

自分でダウンロードしたワンストップ申請書を出したのに、また、紙が送られてきて混乱に輪をかけるというのか。

 

とかく、ギリギリのふるさと納税は、混乱しがちです。あわてがちです。

 

年が開けたら、ふるさと納税をした市区町村に確認したほうがいい場合もあります。

 

ひとりひとり上限金額は違いますが、その範囲内で、ふるさと納税をやっていれば、実質2,000円の負担で地域に貢献できるうえ、返礼品ももらえることになりますから、まだまだ人気ですよね。

 

ふるさと納税で税金の控除が受けられる上限金額は、住民税の2割までですからね。

 

それよりも多くふるさと納税をしても、上限を超えた額についてはふるさと納税での税額控除の対象にならないことに注意が必要です。

 

上限額の目安、というのがどのふるさと納税のサイトにもありますから、そこで確認が必要です。高額所得者なら、顧問税理士に、かな。

 

お金持ちは、多く住民税を払うことでしょうから、ふるさと納税をどうしようかと考えることでしょう。どうせ税金を払うなら、ふるさと納税で、と考えますよね。

 

そこで、高級家電や生活用品を中心にふるさと納税を扱っている『F-style』です。

 

なんせ、ドンペリやら何やら高級ブランド品を見つけてしまいましたからね。

 

>>>>ふるさと納税 F-style

 

F-style

 

バルミューダに注目をトーストがおいしくなるかも

最近、面白い試みだと思ったのが『F-style』です。

 

こちらのふるさと納税のサイトは、オシャレなのもいいのですが、 けっこうブランド品のベビー用品が多いことです。

 

ダッドウェイセレクト、エルゴベビー、エアバギー、サイベックス、ジービー、ブリタックス、シービーエックスが載っていました。

 

あとは注目されやすいのが、スチームオーブントースターのバルミューダですかね。

 

これでパンを焼くと、「最高の香りと食感を実現する感動のトースター」ということで、食パンが見違えるほどのトーストになるということらしいです。

 

しかし、このようなブランドも、いつ「終了」するかわかりませんので(ふるさと納税、けっこう変化が激しいです。土日に見かけて、月曜に無いということも経験したことあり)、見かけましたら、そして、自分が気に入っているなら、すぐにやっておいたほうがいいですよー

 

これは、失敗したことがある私からのアドバイスです。

 

プラスマイナスゼロ超音波加湿器に、アクアポリンを通過しやすいミネラルウォーター 

そういいながらも、私が注目したのは、ベビー用品でもトースターでもなく、プラスマイナスゼロの「超音波加湿器」なのですが。

玖珠町のふるさと納税です。

 

ビューティーウォーター セットになっていまして、 「玖珠町の返礼品には、玖珠町より採水されたミネラルウォーター「ビューティーウォーター」をセットとしてお送りしています」となっているので、超音波加湿器とミネラルウォーターのセットです。

 

玖珠町の水である、ビューティーウォーターとはどのような水なのか。

どんな料理にも合うことはもちろん、 水溶性ケイ素(シリカ)が多く含まれ、細胞膜の「水の通り道」、アクアポリンを透過しやすい美容にも最適の水です。

おおっと、最近話題のアクアポリンですよ。

 

水の通り道をめぐりをよくすると、美容雑誌でよく目にするアクアポリンです。

そのアクアポリンを通過しやすいとは、いいですねぇ。

超音波加湿器もいいですが、アクアポリンを通過しやすい水だとは。。。。 

 

調理用品もふるさと納税でありました。

 

F-style』にある、ル・クルーゼだとか、柳宗理だとか、他のふるさと納税では見かけなかったです。私が知らないだけでしょうか?

 

ヘネシーをデパートで買うのもいいのだけど、ふるさと納税を通じても

 

で、ドン・ペリニヨンです。

 

シャンパンなら、ドン・ペリニヨン。

庶民の私は、シャンパンというと、それくらいしか知らないのですが。

 

ドリンク、フードのページには、ドン・ペリニヨン、モエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ、ルイナール、アオ ユン、ハーニーアンドサンズ、そしてヘネシーが掲載されていました。

 

ドリンクフードというが「紅茶」がひとつ頑張っているくらいですね。

 

アオ ユンという中国、シャングリラのブランド品もあるなんて珍しいですね。

 

それよりも知っていたのが、ヘネシーでしたね。海外旅行行った時に、お土産で買えと指定されたからなのか、記憶がありました。

 

ヘネシーでふるさと納税できる人は、ヘネシーでもどうぞ。 

 

厳選された葡萄のみから作られるオー・ド・ヴィーって何?の私ですが、ヘネシーくらいは名前を知っておりますよ。記憶に残っていたというほうが正しいですけど。

ヘネシーのVSOPとか、ヘネシーのXOとか。

 

で、リシャール・ヘネシーですよ。

ちらっと金額見てみます?

 

>>>>ヘネシーのページ

 

あくまでも、これは、玖珠町の水を使った「ビューティーウォーター セット」ですからね。

 

いや、この水もいいでしょ?

 

 

高額所得者というと、中高年層と思われがちですが、ベビー用品のブランド品もあるので、30代くらいにも注目されることでしょう。

 

おそらくこれらのブランド品は、直接買うこともできるような人たち、お金がある人達がふるさと納税の寄付をするのでしょう。

 

でも、直接どこかの百貨店で買うよりも、こうやって地方の支援ができるとなると違ってきますよね。

 

サイトを見ると、いろんな企業が参加していることがわかりますよ。

 

もし、ドンペリを買う予定があるのなら、ヘネシーを買う予定があるのなら、このような形で、ふるさと納税を通じて、ドンペリやヘネシーをゲットするのもいいじゃないかな。

 

ふるさと納税のやり方とか、手続きのこともサイトに記載がありました。わかりやすく丁寧にやり方も書いてありましたよ。

 

アクアポリンを透過しやすいミネラルウォーターもいいですよね。

 

>>>>ふるさと納税 F-style

 

F-style