FPの実践ブログ!アメリカ株、投資信託など

スマホでの少額から始める投資(ワンタップバイ)、新しい技術(仮想通貨)、新しい製品、ドローンなど好奇心の赴くままを書きます

高齢者はネットでモノを買わないとは思い込みかもね

ネットショッピングの伸び率としては、高齢者がダントツか 

f:id:rumimarusr:20160831173201j:plain

敬老の日を前に、このような統計が出ていました。

統計局ホームページ/平成28年/統計トピックスNo.97 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)−「敬老の日」にちなんで−

 

総務省統計局のページにこのような高齢者の調査結果がありましたよ。

 

ここでいう高齢者とは、65歳以上です。とかく高齢者はネットが使えないだとか、disられるものですが、意外とネットで買い物しているのですよ。

 

「10年間で3.6倍に増加した高齢者世帯のネットショッピングの利用」ということで、倍どころか、3.6倍です。

 

平成17年には、3.8%しかなかったネットショッピングの割合ですが、今や13.6%です。1割強ですから、割合的には、まだまだ低いのですが、まったく買っていないかというとそうでもない、伸び率は上がっているのです。

 

上記リンクから、統計をみていただきたいのですが、これぞ右肩あがり、といったグラフになっています。

 

若者だけがターゲットになりがちですが、高齢者だって買う人は買うのです。

 

一体、何を買っているのか。

 

 「旅行関係費」が22.5%と最も高く、次いで「食料」が16.4%

 たしかに、今や旅行するとなると、ネットでぱっと予約してしまいますからね。それに高齢者は元気なうちに見ておきたいと、旅行に行くし。

 

ということで、今度は旅行します? 

 

 

では、他の世代との比較では特に多い品目はないのでしょうか。

 

「医薬品・健康食品」が1.82倍と 最も高く、次いで「保険」及び「贈答品」が1.50倍、「食料品」が1.21倍

 

これも 予想がつきます。サプリメントが多いでしょう。グルコサミンだとか、ヒアルロン酸だとか、老眼に効くサプリメントも人気です。元気になる健康食品も人気かな。すっぽんだとか、マカ、にんにく、ローヤルゼリーなど。ウコンや、ノコギリヤシも、男性に多そうです。

 

第2位の贈答品もわかります。ネットで買って贈ってしまえ、です。お中元、お歳暮だけではないです。めでたいことのみならず、不幸があった場合もそうです。花を送るのもありますね。

 

意外だったのが、保険です。う~ん、これはわからないな。高齢者だけ、他の世代より保険に入るのでしょうか。そもそも、それほどネットを使って保険に入るということが少ないので、高齢者だけ特に、目立ったのでしょうか。

 

生命保険に高齢者になってから入るかな?かと言って、車の保険にネットから入るかな?よほど、自動車保険に詳しくないとネットから入るとは思えないのだが。海外旅行とかの保険でしょうか。保険に関しては、少し考えたのですが、高齢者特有のもの、特有の理由、ともに考えつきませんでした。

 

食料品は、買い物に出にくくなると考えますね。重たいものなど特にネットで買うことでしょう。カニや、果物、和菓子、お米なんかも買いますかね。

 

ネットショッピングは、他の世代であっても、まだ頭打ちとはなっていないことでしょう。なんだかんだいいながら、リアルの店舗がまだ強いですからね。

 

高齢者においては、頭打ちには程遠いです。そのうちパソコンを使いこなした年代が、高齢者世代になりますからねぇ。ウインドウズ95はブームでした。パソコン通信をやっていた人たちは、現在何歳になっているのか。私は、ウインドウズ3.1を会社で使い、自宅パソコンは、ウインドウズ98からです。と私の歴史を書いても仕方がないので、話を続けます。

 

このように考えていくと、とかく、ネットショッピングはもう天井が来ているとか、これ以上は売れないと、ネットでの商戦は不毛な戦いであるかのごとく言われますが、まだいけるでしょ。

 

ネットショッピングをやる会社はライバルだけを見るのでなく、市場を広げていく観点が必要かも。

 

ライバルを蹴落とすことばかり毎日考えるのでなく、ネットに移行できるようにしていけば、日本人、まだまだ、ネットで買い物するんじゃないかな。現在の高齢者だって、もう少し、タブレットが使いやすくなったりすれば(スマホは、老眼にキツイから)いけるのではないか?と壮大な予想をしてみます。

 

それに関連してシニア女子です。シニアと女子の掛け合わせ。

 

シニア女子という言葉で笑っているより、そういう時代なのだなと感じたほうが

ツイッターを見ていたら、「シニア女子」なる言葉を見かけました。

 

シニアなのに、女子とはなんだよ~と笑っていたら、マーケティングをやっている人はダメなんじゃないかなと。

 

モノを売るときに、ぼんやりしていたら、動きは早いですよ。

 

NHKのあさイチでやっていたらしいのですが、内容は見ていないので詳しくはわかりません。

 

しかし、そのような言葉が生まれたからには、何かしら背景があるのではないかなと思うのです。

 

私は、シニア女子一歩手前、シニアと言われるには、まだ年数が足りませんが、十分におばさんなので、感じるのですよ。

 

シニア女子と呼ばれる人たちは、若く見られたいとか、美魔女になりたいとかだけ、ではないと思うのです。

 

「年齢よりもちょい若く見られたい」、くらいの願望がある程度ではないかな。女子とまでは呼ばなくても。

 

好奇心旺盛な女性たちという意味で、「老け込んで、何にも興味を示さない高齢女性」の対局にあるというのかな。反対語、というイメージです(今回は、美容方法に対する興味、でしょうかねぇ)。

 

 

というのも、先日、新聞の広告欄を見ていたのですが、気になって取っておいたのです。

 

新聞は今は、若い人は読まないと言われていますよね。高年齢者しか読まないと。

 

それがわかるのは、新聞の広告です。

 

新聞の広告は、今や、健康食品、サプリメントのたぐいばかりです。

それか化粧品ですね。

 

今回は、シニア女子なので、化粧品がわかりやすいかな。

 

新聞の広告には、特に、化粧品の広告には50代、60代、70代、80代の方へ、50代、60代、70代、80代のあなたへというターゲットを絞っているのかいないのか、よくわからない広告があります。

 

しかし、これをみてわかるように、50代以降の年齢を狙っています。

 

私が取っておいたというのは、まつげ美容液の広告です。

 

私自身、まつげ美容液は、20代の女性が使うと思い込んでいました。

 

おそらくメインのターゲット層は、これくらいの年齢じゃないかと思います。

 

まつげを気にするなんて、20代くらいで、40代、50代になると、しわ、シミ、たるみという方に目が行くと。

 

それがまつげ美容液の新聞広告が出ていたのです。

 

それでびっくりして広告を切り抜いて取っておきました。

 

その広告には、使った人、購入者の声も載っていて、年齢が62歳とか、55歳とかなのですよ。

 

本当の年齢なのか、本当に愛用者なのかわかりませんが、年齢が書いてあることから、少なくとも、それくらいの年齢の人をねらった広告なのじゃないかと感じました。

 

「まつげにハリやコシがなくてお悩みのそこのあなた」と書いてありました。

これは年齢に関係ないですよね。

 

まつげ美容液は、20代が使うものと決めつけるのでなく、もしかしたら、売れるかも、と思うことが大事なのじゃないかな。

 

もしかしたら、60代、70代でも、まつげに悩んでいる人もいるんじゃないかと。

 

目が小さくても、つけまつげではなく、自分のまつげを長くのばして、キレイに見られたいと思う人もいるんじゃないかと。

 

さらに言えば、まつげのみならず、眉毛に悩んでいる高齢の女性はいるのではないかと。

(特に、年齢を重ねると、毛が薄くなり、眉毛が減ってほそくなったりすることあり)。

 

美容に好奇心のある「シニア女子」を少し意識してみると変わってくるかもしれません。

 

この年齢はこうだと決めつけるのではなく、好奇心から「まつげ美容液」も買ってくれるかもしれません。

 

これからの時代は、年齢不詳の人が増えてくるのではないかなと予測。

 

私自身が、まつげ美容液は若い女性が使うものと思い込んでいたくらいですから、他にもあるかもしれませんね。

 

スポーツとか、趣味とかでも。

美容業界だから、関係ネーヤと思わずに。

 

シニア女子という言葉が、一瞬で消える言葉なのかもしれませんが、消費者の意識は変わっているかも知れませんよー

 

もしかしたら、今のシニア女子は、スマホでネット検索して、あさイチで取り上げられたメイクとか、美容法とか、仕入れている頃なのかも(笑)。

 

まぁ、シニア女子、実際、メイクとかいじらなくても、可愛らしいおばあちゃん、っていますものね。

 

そういうおばあちゃんには、シニア女子でもいいんじゃないかな。

 

 

こういうのだって、シニア女子が使うかも知れませんよ。