埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳。専門家(DCプランナー1級取得)の視点で少額から始める投資、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



国税庁が仮想通貨に関する見解だとか、中国の取引所が閉鎖だとか飛び交って

ビットコインだけでなく、仮想通貨のニュースは次から次に

f:id:rumimarusr:20170912231803j:plain

仮想通貨に関しては、株の売り買いだとか、投資信託がどうのこうのという話から比べると、値動きもはげしく、あっという間に、ガガガーと上がったかと思うと、滝のように落ちていくという刺激的な市場です。

 

それだけにちょっとしたニュースでも反応します。

そのうえ、また、最近仮想通貨に関するニュースに事欠かないといいますか。

 

次から次に出てきます。

 

日本経済新聞2017年9月12日付け記事より

仮想通貨は「雑所得」、換金売りの引き金か  :日本経済新聞

 

国税庁のページに載っていたのは8月だったらしいですよ。しかし、今、注目をあびています。

 

国税庁のページ

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁

 

ようは、「上場株式や公社債など他の金融所得とは損益を差し引きできず、所得に応じた累進税率を適用する」ということを明らかにしたということです。

 

これくらいのことは、前からツイッターでも言われていたように思いますけどね。

 

億り人、億り人と言われていますが、その一方で私のように損している人もいるんですよ(最近は、ちょっと持ちこたえてきましたが)。

 

国税庁が発表したのも、「利益が生じた場合」です。

 

みなさんが、億になるわけないじゃん、ですよ。しっかり税金取っていきますよ、です。

 

しかし、海外の取引所を使っている人多いのだけど、そこまで追えるのかな。かと言って、国税庁に見つかったら、大変なことになりそうですよね。

 

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2017年9月11日付け記事より

中国、ビットコイン取引所を閉鎖へ=関係筋 - WSJ

こちらに関しては、関係筋って誰じゃい?といいたくなるほど、情報が錯綜しているようです。

 

通知をみていない!とか、取引しているよとか。。。

 

秋の中国共産党の党大会を前に、見せしめならぬ、引き締めをしているのでしょうか。

 

5年に1度の党大会の年ですからね。

 

そうは言うものの、中国ですよ。おとなしく中国で取引所が閉鎖したからと、ビットコインの取引止めるのでしょうか?

 

グローバル社会で、どこで買ってもいいのにね。

 

ASCII、2017年9月12日記事より

ASCII.jp:独自仮想通貨でエストニアに批判

 

さらには、エストニアでのICOについての話とか。

 

とにかく、毎日何かしら出てきます。

 

さらにみなさま、それぞれご贔屓のコインがありますから、そちらでもニュースはありますから、とても「忙しい」です。

 

私の仮想通貨ひとり反省会

 さて、ひっそり行う私の仮想通貨の取引に関する反省会です。

 

今までと同じく、マイナスが出ている取引所もあります。

なんせ、6月の高騰した時に参入しましたから、4月のうちにやっておけばよかったのにねぇ。

 

こうなることがわかっていたら、7月のあのビットコイン分裂?騒ぎで暴落とは言えなくても値段が下がっていた時に参入すべきでした。

 

しかし、コインチェックでは、仮想通貨をかなり分散してもっていたので、それが良かったのかなんなのか。

 

分散って、利益が出る時に爆益とはいかないですが、損する場合もそれほどひどくないことがあるのです。全体的に下がり基調でも、コインによってばらつきがありますし、なぜか、値段があがるものもありますからね。

 

でも、これから始める方は、まずはビットコインで慣れるのがいいかな。

 

その後、お気に入りの通貨が出たら、1,000円分だけ買ってみるなどすればいいと思います。そうしていくうちに、このコインも、このコインもと、分散されていくでしょう。

 

もちろん、イチかバチかを狙う人は、ドーンと何万円もつぎ込むのでしょうけどね。

 

とにかく、私が言いたいことは、何事も参入してみないと、「ひとごと」になってしまう。

 

たとえ5,000円分だけ仮想通貨を買うというスタンスでも、意識は変わるということです。

 

あとは、これから参入する方は、私のように、手続きをのろのろ、買うとなったら勢いですぐさま、というのは、いけません。

 

まったくおすすめできません。やる気になったら、すぐさま、手続きだけはどんどんすすめておいて、口座に日本円をある程度入れておき、スタンバイの姿勢になることです。

 

そして、世の中で、値が下がったとか、ウリが出たとかいい始めたら、その時に動く!です。その時も一気に買うと、さらに下がることも予想されますので、徐々に買いましょう。

 

そうすれば、バーゲンセールみたいなものです。良いものが安く買えるバーゲンセールと同じです。

 

安い時に買う!これを心がけてください。くれぐれも私のように、手続きをのろのろして、やるとなったら気が急いて、買う時は高値掴みということは避けましょう。

 

少なくとも日本円で置いている分には、マイナスにならないのですから、手続きだけはすすめて、「機を見るに敏」をモットーにしてください。私のような手続きのろのろは、いけませんわ。

 

ある程度取引を行うと、海外の取引所に移る人が多いのですが、国内の取引所でないと、日本の法律が適用にならないだろうなと、私は今のところ、日本の取引所を使っています。

 

あと金額が多くなったら、ウォレットを使うと安心ですね。

 

こういうものです↓↓

【日本語ガイドセット】TREZOR(トレザー)ビットコイン ハードウェアウォレット (黒)

 

私は、コインチェックではアルトコインの種類が多いので、分散型でコインを持っています(それも1,000円分だけ買うなど少額でやること多し)。

 

興味あるコインが出てきたら、コインチェックのようなところなら、コインの種類が多いので、買うのに都合がいいですね。

 

それにコインチェックが選んだコインなら、わけわからんコイン(時価総額が低い、いわゆる草コインの類)を買うよりはいいかな、という思いから、コインチェック(coincheck)では、アルトコインを中心にしてます。

>>>>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

 

私の場合、ビットフライヤーはコインの種類が少ないのに、ここでも分散して買っていましたが、これからはビットコインだけにしようかなと、思ってウリドキを狙っている最中です。アルトコインをビットコインに変えていくつもりなのですが、これがまた、「手数料負け」になるのかもしれない今日このごろです。

 

CMをやっているから、ココにするという人もいますね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で