埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳。専門家(DCプランナー1級取得)の視点で少額から始める投資、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



いつかはプラスに持っていくぞ(仮想通貨に関して一人反省会の続き)

アルトコインを中心に買った人ですが、ビットコイン分裂問題で

少額ながら、仮想通貨を買ってみて実践しているブログ記事の話の続きです。

 

f:id:rumimarusr:20170716224602j:plain

 

本当は興味あるのは、ドローンのほうなのだけど、投資とか、投資信託とか、証券、保険とかそっち系のブログなので、仮想通貨の記録として書いておきます。

 

今日、7月16日も仮想通貨は下落しました。ビットコインは分裂問題がありますから下がるのは仕方がないとしても、アルトコインを見ましても、対ビットコインでマイナスになっていました。

 

参考用に日本経済新聞社2017年7月16日付け記事より

ビットコイン急落 分裂騒動を警戒、一時1900ドル割れ  :日本経済新聞

 

上記記事より一部引用

情報サイトの米コインデスクによると、16日午後9時前に1900ドル台を割る場面もあった。仮想通貨の利用が広がるとの思惑や投機マネーの流入により6月中旬に3000ドルを突破したが、足元では約4割安い水準で推移している。  

下落の要因は分裂騒動だ。ビットコインは最近の仮想通貨ブームで取引量が増え、取引確定に時間がかかるようになった。その解決方法を巡って取引記録をまとめる事業者と利用者が対立。利用者側は8月1日に「新たな枠組みをつくる」と予告している。  

分裂した際の影響は読みにくく、「個人投資家を中心に利益確定売りを出している」(フィスコ仮想通貨取引所の田代昌之ビットコインアナリスト)という。

 

個人投資家を中心に、ですか。大口ではないのね。

 

ということで、ワタクシも含み損で今や入金した日本円の価値が半分くらいになっています。

 

このような結果になった理由としては、

参入時期が遅かったこと、遅かったら遅かったでいいのですが、時期をみて下落した時に参入すればよかったのです。時期が悪すぎ。

 

なんせ仮想通貨についていろいろ調べたのが、2年前の8月だったということが私のいろいろな記録からわかったのです(今日のブログも、何年か後に、この時こういうことあったなと思い出すために使うでしょう)。それなのに、放置してました。

 

ノロノロしていてやっと今年の4月に某所にて仮想通貨を学ぶ機会があったのに、その時も行動を起こさず、取引所に申込みはしたものの、本人確認書類とか送るのが大幅に遅くなり、、、、

 

と簡単にいえば、「さっさと行動しろよ」、なのでした。

 

ビットコインが金ならば、ライトコインは銀なのです。

 

やっと口座が開くことができまして、入金して、そこで止めておいてもよかったのです。

 

日本円にしておいておいても、今のこの低金利時代ですから、利子とか利息とか考えずに(その前にあまりにも少額なのでということもあり)、放置でもよかったのです。

 

しかし、ビットコインが2つに分かれるとかで、もしかしたら、ビットコイン以外のコインに流れるのでは、と思って、そうしたら、今よりもさらにアルトコインの値段があがってしまう!と焦りました。

 

ビットコイン分裂→アルトコインに資金が移動するのでは?→今よりアルトコインの値段があがってしまう?

という間違った予想というか、妄想をしてしまったのですね。

 

そのうえ、スマホアプリで触っているうちに、本当はイーサリアムと別のコインを買おうと思っていたのに、入金した全額でイーサリアムを買ったことになってしまいました(こういうことがあったので、次に申込みをした取引所では、操作も慎重にして、気をつけて買いましたよ)。実践しながら、失敗しながら学ぶ、です。

 

余談ですが、私の場合は、このようにブログに書く予定でしたので、取引所も有名どころ2つも開設していまして、さらに今後も開く予定です。今度は大手企業の取引所を考えています。

 

取引所開設愛好者とかファンとかではなく、実際にやってみれば、あーあの取引所ね、とわかるものも出てきます。○○が使いやすいけど、△△はダメだよねとか実感できます。

 

高みの見物だけでは、ブロガーとしてはいかんだろ!痛手を受けてこそ、ブログ記事に心がこもる(負け惜しみ)。

 

話が飛んでしまいました。

それで、です。ズルズルとアルトコインの値段が下がってきてしまいました。

 

損しているのなら、損しているで、早めに損切りするべきなのでしょうが、これまた、行動が遅くなり、今頃、ひとつの取引所で半分ほど、もう一つの取引所においてあるほうは、1割程度しか退散しておりません(1000円くらいのビットコインと、リップルもホールド中)。

 

バブル頂点くらいの金額で1ethくらいを買ったのに、ホールドでいいのかわかりませんが、これもブログネタくらいにしかなりません。

 

しかし、ツイッターなどをみていますと、ボーナス全額だとか、車が買える値段くらいをつぎ込んだ(参入時期はわからず)というツイートも流れていて、やっぱり、わからないうちは、お小遣い程度(5,000円くらい)にしておいたほうがいいんじゃないかと思いました。FXとかで分析に慣れがある人ならともかく。

 

という状況なので、これから仮想通貨に参入する人がいるのか、いないのかわかりませんが、もし、万が一、仮想通貨をこれから買ってみたい♪というのでしたら、気をつけることとしては、

 

いきなり大金はつぎ込まない。

行動は早く

(おそらく、今回をきっかけに仮想通貨全体が全滅するとは思いませんが、反転しはじめたら早いと思う)

 

このような時は、準備だけしておく、というのがいいのではないかと思います。

 

すぐに口座で取引できません。本人確認書類を確認してもらったり、銀行から入金してもすぐに仮想通貨の取引所の口座に反映されているとも限りません。特に、急激に反転なんかしましたら、そういう人多くなって遅くなりがちかと(予想だけど)。

 

だから余裕のあるうちに、口座などの手続きだけ済ませて、少額日本円を入金して置いておく(ただし、まだ仮想通貨は買わないという状態で)のがいいのではないかと、行動があまりにも遅かった私からのアドバイスです。

 

ヨーイドンのあの、お尻を上げているくらいの姿勢で待っていると、すぐに行動できますから、「あとは仮想通貨買うだけ」くらいの状態まで準備して、待ち、にしておくといいかと思います。

 

仮想通貨を買うことについては、自己責任でお願いします(変動幅大きすぎ)。

 

中には、こんなに1,2ヶ月で上下するなら、仮想通貨は誰も買わなくなって使われなくなるのでは?という人もいるようですね。商店などリアル店舗で将来使われるようになるのか?ということもあるのでしょう。

 

今年は大手企業も取引所として参入予定なので、仮想通貨の種類が絞られることはあったとしても、全種類が全滅するとは思えないのですがねぇ。価格が一定幅で安定する仮想通貨ができるといいのですが。仮想通貨に関しては、予想を外しまくっている私がいうのも、「おまいう」って感じですかね。

 

 

>>>>仮想通貨ならビットバンク