埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったこと、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



手の平で起動できる小さなサイズのドローンを出荷開始ですって

DJIがミニタイプのドローンを発売です

f:id:rumimarusr:20170616213347j:plain

 

ネットの記事を見て知ったのですが、中国のドローンの会社、DJIで手の平サイズのドローン、「spark」の出荷を開始したそうです。「第一弾の出荷を6月15日より開始」と書いてありましたから、予約も受け付けていたのでしょうね。

 

ということは、第一弾の人たちは、すでに受け取っているのでしょうか。

 

それにしてもこのsparkはドローンの小型もの、それも持ち運び簡単な「手の平サイズ」を探していた方にとってはいいドローンではないでしょうか。

 

DJIのプレスリリースに書いてあるのが間違いないでしょうから、プレスリリースから引用します。

 

DJI、Sparkの出荷を開始|DJI JAPAN株式会社のプレスリリース

 

見ていると欲しくなってしまうのが、欠点だわ。 ひとつひとつの映像は1分くらいなのですが、見ていると欲しくなりますよ。

 

 

日本でドローンは産業用が主に報道されているので、このような個人用のドローンを見る機会が少ないのですが、あるところにはあるのでしょうね。主に撮影用に使っている人が多いのかな。私は単純に飛ばして遊ぶのが面白そうに感じていますけどね。

 

詳しくは上のプレスリリースを診てもらうとわかりますが、Sparkは、小さなバッグにも入れられるくらいの大きさだそうです。

 

これくらいの大きさだと愛着がわきそうです。

 

映像を見てもらうとわかるように数秒で起動してますね。

以下のことも、魅力的ですわ。

1,200万画素の写真とブレの少ない1080p動画を撮影できます。障害物認識システムとオートフライトモードを搭載するSparkは、手のひらで起動し、手の動きに合わせたジェスチャーだけで操作できます。

 

手乗りインコみたいに、手の平にのせて、手のジェスチャーだけで操作できるのが見ていて楽しいです。空撮技術でもすごそうです。空撮映像に自信があるみたいですからね。

 

障害物を避けて自動で飛ぶ機能もあって賢いですね。スマホのアプリでも動かせるようですが。

 

セルフィージェスチャーによる撮影には、ワタクシの場合、それほど興味ないですが、映像やら撮りたい人にはいいのでしょうね。

 

それと日本でドローン飛ばすには、許可が必要(200g未満くらいのおもちゃ程度ならいいのでしょう)ですよね。そのほか、各自治体の規制もありますからね。

Sparkは国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「資料の一部を省略することができる無人航空機」に6月15日に認定されました。

 

これくらいの大きさなら「資料の一部を省略」できるのでしょう。

 

産業用とは違いますよね。農薬散布とか、映画、広告、建設、などの多くの産業分野のドローンとは大きさが違いますし。

 

私としてはSPARKは個人の娯楽用に思うのですが、意外と、マンションの屋上撮影や空からの調査などで会社で購入することもあるのかもしれませんね。

 

ドローンやラジコンなどの飛行ルールについては、こちらを参照ください。

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール - 国土交通省

 

私はラジコンを飛ばすとかしたことがないのですが、ラジコンの場合も許可を取ってから飛ばしていたのでしょうか。

 

ラジコンよりも可愛いく感じるのは、私が女性だからかな。

 

 

公式サイトには、300g、16分、50K/hと書いてありました。300gってかなり軽いではないですか。お孫さんへのプレゼントにいかがでしょう(笑)。

 

価格は65,800円から

公式サイトで購入すると、「抽選でSparkセットアップセミナーご招待」ということです。これは競争率が高そうだなぁ

 

DJIの公式ホームページへ 

>>>>spark