埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったことを書きます



東京で就職できるなら、今の時期がチャンスです

正社員として働きやすい今の時期こそチャレンジを

  • 学校卒業後、理由があって無職になってしまった
  • 一度は就職したけどすぐに辞めてしまった
  • ずっとアルバイトのままなので就職そのものが心配

 

しかし、正社員として働きたいという希望があるのなら、今のこの人手不足の時代のうちに正社員としての就職を。

 

f:id:rumimarusr:20170406094357j:plain

『TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業』は、29歳以下のための支援事業です。

 

それも、「東京都」の支援事業です。どこかの民間企業が行っている事業ではないのです。東京都が真剣に支援しているのです。

 

>>>>経験や経歴を気にしなくてOK!若者正社員チャレンジ事業

 

20代なら転職の際に経歴が無くてもいいけれど 

29歳くらいギリギリの人だったら中には、学校卒業時に就職氷河期だったから、という人もいるかもしれませんね。

 

今の新卒の人たちが羨ましい限りなのかもしれません。引く手あまたですからね。

 

それに比べたら自分はずっとアルバイトだから、経験もないし、経歴も書けないなと思っている人もいるのかもしれません。

 

しかし、そのような事情をわかったうえで応援している事業なのですよ。

正社員チャレンジ事業では、すでに500人以上の就職が決定しているというのですから。

 

そういうのも、今は確かに売り手市場ですし、人手不足ですから、企業側もぜひ就職してほしいと思っています。それどころか、うちの会社に来てくれたら、このようなことをしますよと、競い合っているくらいです。

 

しかし、そのような状況がいつまでも続くとは思えません。

 

それはIT化、ロボット化、人工知能のこともあるでしょう。今の時期こそ、就職ができる時期なのです。

 

正社員として就職しておけば、次に転職する時にその経験を活かせますし、経歴にも書けます。たとえ、いずれ独立しようと思っている人でも、その経験が活かせます。

 

どうしても企業側の目線では何年もアルバイトしか経歴がない人は採用に二の足を踏むのです(だからこそ、年齢が高い人で非正規雇用でしか働いたことのない人はかなり苦戦します)。

 

>>>>これまでに、500名以上が就職決定!若者正社員チャレンジ事業

 

多彩な就職バックアップの支援事業

東京都の東京しごとセンターで行われる支援事業ですが、様々なものがあります。

 

事前のセミナーもあります。合同企業説明会もあります。実習もありますが、実習前にもセミナーがあります。

 

私のような年齢になりますと、世の中にはいろんな仕事があるのだなとわかってきますが、20代くらいでは、まわりの友だちからの意見くらいで、視野が狭いことが往々にしてあります。私自身がそうでしたから。

 

自分から可能性を狭くしているのですね。 セミナーに出てみたり、相談員に相談したりすると、会社の選び方は、こういうやり方もあるよーということを教わって、視野が狭かったことに気づくことがあるのですが、こういうことは他人から教えてもらわないとわかりにくいです。

 

就職活動のやり方も自分勝手に思い込みがあるのかもしれませんね。

 

合同企業説明会では、「今まで社会に出るのが不安だったけど、その恐怖が多少うすれた」という感想もあったそうです。

 

それに実際に会社の人とあってみるということが、ネットからだけ、紙からだけではわからないことがあるのだなと実感できるはずですよ。

 

また全然興味のない会社だったけど、話を聞いてみたらやってみたいと思えるなど意識が変わってくることもあります。

 

実習前セミナーでは、どうしたらいいのかまったくわからない人にとって不安を和らげるものです。正社員で働いたことのない人にとってはイメージすら、わかないですからね。見たこと、体験したことのないものを、想像してみろと言われてもムリなのと同じです。

 

しかし、それを乗り越えて実習を終えた時には、自信につながるはずです。

 

これは企業側にもメリットがあるのですよ。面接の時間内だけでは往々にしてその人のことがわからないものなのです。本当にチカラを出せる人にとってはいいのですが、口だけの人とか、いますから、本来はそれほどでもない人を採用してしまうこともあるのです。今は、そのような人を見極める、といった書籍まで出版されているくらいです。

 

本当は実力がある、コツコツと仕事をこなすことができるのに表現できていない人にとっては、面接の時間だけではわかってもらえない、ということもありますが、実習ならある程度の期間、一緒に働くわけですから、企業側もその人の人となりがわかってきます。

 

このような多彩な支援事業を東京都が行っているのですから、それを利用しないのは損です。

 

ただ勇気を出して一歩を踏み出すかどうかですからね。

 

こちらのページに「Web登録」ができるようになっていますから、まずはそこからスタートです。

>>>>東京都の就職支援事業!若者正社員チャレンジ事業

 

 

東京都で働きたいけど、29歳までなのか、と思ってしまった人へ

 

29歳以上だけど、、、という人は

54歳までの人ならこちらがあります。

こちらのブログ記事をお読みください。

54歳までの転職なら、東京都の「しごとセンター」を利用しましょう