読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったことを書きます



5月22日は、ビットコイン・ピザデイですよ!(coincheckの人の本を読んで知った)

『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』を読みまして

子ども時代、 長い縄跳びに入る時「お嬢さんお入りなさい」と歌を歌いながらはいっていました。

 

しかし、いざ入ろうとすると、なかなかタイミングがつかめません。それと同じような状態がビットコインでした。

 

目次

 

 ビットコインに関しては早めに注目していたのですが

ビットコインのことはけっこう早めに注目していたのです。マウントゴックスの例の事件のあとくらいだったでしょうか。私が注目していた時は、どういうわけかビットコインの値段が下がっていて、これは一過性のものかな。新しいもの好きの人だけが注目して、と思っていました。

 

そうは言うものの、その後も実際にビットコインを買ったという人から話を聞いたり、ツイッター上でビットコインに関して情報発信していた人をフォローしていたりとやっていたのですが、それでも実際に買うなんてことはなかったのです。

 

その頃も、本屋さんに行って仮想通貨に関する書籍を買おうとしたのですが、さっぱり意味がわからず、でした。

 

それがあれよあれよ言う間に、値段が上がっていきました。ブロガーで有名なイケダハヤトさんが買ったり、などネットで知られている人たちも買うようになりました。

 話を聞く機会が何度かありまして、仮想通貨に興味を持ち

ちょっと仮想通貨について書籍を読もうかなと思っている矢先、ある場所で仮想通貨、主に、ビットコインですが、話を聞く機会がありました。今までは、少し怪しげなイメージがあった(マウントゴックスのことがあって)ビットコインでしたが、まずは知ることが大事だと思いましたし、これからの時代は中央集権的なものが変わっていくだろうなと思っていました。

 

いろいろと世界が変わるというのか、AIにしても何にしても、です。

 

その場である程度仮想通貨について学んだのですが、そこの会社の方が創業者が書籍を出しているということを聞きました。

 

また、その会社(コインチェック)は、取扱仮想通貨の種類が業界ナンバーワンだということも知りました。ビットコインだけでなく、アルトコイン(代替コイン)も扱っていると聞きました。

 

ちなみに、その話を聞いた時のビットコインは147,000円くらいでした。私が注目し始めたころは、確か3万円くらいだったので、やけに値段があがっているな、と思いはじめるようになりました。

 

今日も、その会社(コインチェック)が「定期預金」を始めるということが新聞にありました。

 

2017年5月9日付け日本経済新聞より

 

ビットコイン版「定期預金」 コインチェック、預ければ金利  :日本経済新聞

 

この「定期預金」ですが、国内で初めてだということで、ビットコインを一定期間預ければ金利を得られるサービスということです。

 

 

その後もある場所で、SBIの北尾吉孝氏の話を聞く機会がありました。これからはフィンテックの時代で日本も様変わりするぞ、という話でした。

 

その時は主にフィンテックの話だったのですが、当然ながら仮想通貨の話が出てきて、「bitFlyer」の話もありました。これからは、仮想通貨の時代になっていくのだろうなと思うようになりました。

 

どこで話を聞いても、実は仮想通貨は偽造がかなり難しいという話を聞きました。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 ビットコインなど仮想通貨は何に使うのか

さて、中国人に知り合いがいる方ならわかるかと思いますが、中国の人たちは、人民元を信用していませんよね。人民元で払うのがいいか、ドルがいいか、日本円がいいかと聞きますと、ドルまたは日本円でほしいと言われます。

 

中国人と言っても、大陸に住んでいる人ばかりではなく、海外に親戚がいるとかで、外国の通貨がほしいという人もいますが、通貨の持ち出しも規制があります。とかく、規制が多いのが中国です。

 

日本だって海外送金はものすごく面倒です。面倒なうえにものすごく高い手数料を取られます。私も留学した経験がありますからわかります。

 

このように面倒ですから、子どもが留学しているなどの場合、送金よりもカードで払えるようにしておくようにするでしょう。資金の移動、これって、今のような世界が小さくなっている、人の移動も世界中どこへでも行ける時代になっているのに、遅れている分野だと思いました。

 

また、日本人は日本円を信頼していますが、世界にはこのように自国の通貨を信用していない国もあるのです。有事のドル買いと同じように、仮想通貨買いなのです。その地の通貨が暴落するから資産を守るため、ということもあります。

 

さらに普通の通貨のようにして使うことも想定されています。日本国内でもビットコインなど利用可能店舗も増えています。最近もビックカメラで2店舗が使えるようになったとかニュースがありましたよね。

 

そのほかにも電気代をビットコインで支払える「coincheckでんき」というサービスも始まっています。

 

 私のように仮想通貨に興味があるのに仮想通貨がわからない人は本を読もう

 

それでさわりだけでも学んでおこうと買ったのが、4月にお話を聞いた仮想通貨取引所の会社、コインチェックのCOO、大塚雄介氏が書いた本です。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』です。

 

ゴールデンウイークの休みの期間に読んでおこうと思いまして、連休中に読んでいたのですが、またもやビットコインの値段が上がっているではありませんか。

 

なんだか注目度あがりっぱなしですよね。私としては、ビットコインのようなものは、中国人が買うのだと思っていましたら、なんと日本人が相場をあげているようでした。

 

 この『 いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』ですが、マウントゴックスの事件があったので、厳重に管理しているという話など読み手が心配しそうな部分を丁寧に書いてありました。

 

それ以外もビットコインはマイニング採掘ということと関係しますが、ビットコインだけでなく、石油や金もいずれ取り尽くされることになるなど、例え話も多く、わかりやすかったです。

 

ビットコインでピザ2枚で取引成立!がリアルでは最初のこと

私としてはビットコインが現実世界で通用したのが「ビットコインでピザが買いたい」と、ビザ2枚が1万BTCで取引が成立したという話が一番、面白かったです。

 

仮想通貨と仮想とか技術の話よりも、この話のような現実世界でのそれも「ピザ」というところがツボりました!ハイ。

 

ピザねぇ。。。

 

f:id:rumimarusr:20170509015301j:plain

 

でも、本当に5月22日はビットコインピザデイと呼ばれてビットコインのお祭りの日になっているそうですよ。

 

ちなみに、上記の本によりますと、この時ピザ屋さんが手にした「1万BTCを現在のレートに換算するとおよそ10億円」だそうです(1BTC=約10万円としての計算)。とんでもない金額になりますね。そのピザ屋さん、今もその時のビットコイン、持っていたらいいのに。。。

 

さて、仮想通貨には株の取引のようなチャートもあります。ロウソク足のようなものもありますよ。

 

なかなかチャートを調べる機会もないですが、コインチェックではメール登録やフェイスブックでの登録をすれば、チャートも見られるようになっています。

 

私もまずは仮想通貨のチャートをチェックするために、登録しました。別に仮想通貨を買わなくても登録だけでも出来ます。

 

というか、まずは登録だけしてチャートをみていました、ワタクシ。

 

 コインチェック(coincheck)のサイトについてはここです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

私はメールで登録しまして、サイト内でチャートが見られました。 

 

実際にビットコインなど仮想通貨を買うかどうかについては、自己責任ですから、私からおすすめすることはありません。

 

かなりボラティリティーが高いので、振れ幅が大きいからです。大きく儲かるのかもしれませんが、損するならドカンです。私の場合は、失敗することもブログネタになりますし、失敗することからも得ることも多いから痛手を受ける前提としてやります。

 

机上の勉強よりも、失敗から学ぶことも多し、です。

 

それと仮想通貨については、何も通貨としての方面だけ考えるのでなく、契約情報を分散型台帳技術管理するなどプラットフォームとしての利用がどうなっていくのか興味もあります。

 

実際にやってみると、技術面のこともだんだんわかってくることがあるかなということもあります。余談ですが、私が初めてサイトを作った時は、HTMLで書いたのですが、最初の最初はパソコンのメモ帳に書いてみて、ふむふむと理解したところもあります。やってみないと腑に落ちないことってあるのです。

 

しかし、投資をやった経験のない一般の人はよくよく勉強してからのほうがいいです。まずは、チャートをみることからです。

 

取引所の会社についてもよく調べましょう。

 

実際に仮想通貨を買う!ということをしてみたいのでしたら、最初にすることは本人確認が必要となりますよ。マネーロンダリングのこともありますから、これはきっちりしないといけませんね。

 

そうは言うものの、こういうことは実際にやってみると感覚がつかめるようになってきますね。習うより慣れろです。見るだけ、読むだけよりは、実際にやってみることが一番わかりやすいですし、理解も早まります。勉強しながらやるということかな。時間がない人はやらないほうがいいかも。

 

 

と、ここまで書いていたら、なんだか、コインチェックがシステム障害を起こしていたようですね。現在は復旧したようですが、続報待ちです。

 

どうなのかなぁ。こういうことも起きますから、ますます一般の人は予習してから、となりますね。

 

その後、コインチェックのシステム障害について、ツイッター見ていたら、この方が、ハードウェアウォレットを持っていたほうがいいとおっしゃっていました。

 

junyahirano.com

 

 こういうものですね。

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

 

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

 

これですね。

 

このほか、

 

>>>>Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

 

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

 

ビットコイン、イーサリアムのものもありました。

 

取引所においておくより、こういうのものがあったのねぇ。。

 

やはり、始める前に、いろいろと勉強しておいたほうがいいですわ。