埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳。専門家(DCプランナー1級取得)の視点で少額から始める投資、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



『定年男子 定年女子』大江英樹さんと井戸美枝さんのお話がすごく面白い

45歳から始める「金持ち老後」入門、老後破産を不安がるのでなく

老後の準備は45歳から始めるということですよ。もちろん、35歳でもいいのですが、それくらいの年齢だとまだ、ピンときませんよね。

 

今、超人気のこの本です。こんなに売り切ればかりになっていたとは。。。

 【ブログ記事目次】

 

昨年、大江英樹さんと井戸美枝さんが定年男子、定年女子というタイトルで、コラボセミナーをやっていたことは知っていました。ですが、実際に行く機会がなかったのです。

 

そうしましたら、見覚えのあるタイトルで、書籍があるではないですか。

 

すぐさま買いましたよ。やはり思った通りです。そのセミナーの内容に加筆したものでした。

 

ところで、この本に興味のあるあなたは、大丈夫ですよね。以下のチェック項目です。

お金のチェックと暮らしのチェックに分かれていますよ。

f:id:rumimarusr:20170306214302j:image

 

いやはや、どきっとしますねん。

 

特に、「電車の中で空席を見つけるとつい我先にと座ってしまう」。

大爆笑です。やばいです、ワタクシ。

 

おふたりのお話は、以前に確定拠出年金のことでセミナーを聞きに行ったことがありますし、そのほかにもありますので、おふたりのお話が面白いことは十分知っております(さらに井戸先生のほうは、厚生労働省の社会保障審議会の傍聴でお見かけしたこともあります)。それにおふたりとも、お話がうまいです。これは経験がモノを言うというやつでしょう。

 

まず、大江英樹さんはすでに定年男子です。井戸美枝さんは、旦那さまがすでに定年男子になっているそうです。そのため、すでに定年となった経験からのお話ですから、実体験は人をひきつけます。読んでいて具体的でわかりやすいです。ああぁ~そうなるわよね、と思うはず。

老後破産は心配ですか? 老後のお金は不安の人が大多数

さて、ちまたでは、定年退職時には1億円ないと老後はダメであるだとか、3000万円残していないと、老後は破産するだとか言われて煽られているのにもかかわらず、大江英樹さんは、定年した時の預貯金が150万円だったそうです(定年して退職金ががっぽりのリッチな話よりも、こういうほうが面白いでしょ?)。

 

お嬢さんの教育資金に使っていたそうで、たしかに、中学から私立ですとお金かかりますものね。お金を出すだけあって私立の教育は違うなぁと感じます。私の甥っ子が御三家中学にかよっていて、姪っ子が公立の中学でしたから、その違いは歴然としていました。

 

ただ、このようにおふたりのお嬢さんを中学から私立に通わせ、さらに、留学までさせるとなると、お父さんに残されたお金は少なくなるかも(笑)です。でも教育にお金を使うことは、その子の財産ですからね。それに盗まれることないですよ、頭の中に入っていますから。しかし、老後の資金はその分減りますから、さて、どうするか。

 

大江さんは心配していなかったそうです。この150万円の預貯金だけど、住宅ローンの残はないし、退職金は出るし、企業年金は出るし、公的年金も出るからと。一番良かったのは、自分で家計簿をつけ、1ヶ月のおおよその収支がわかっていたことですって。

 

家計簿の重要性は、こちらを見てね。

『あきのズボラ家計簿』1日1行でいいと言うので読んでみた

 

老後のお金、心配ですか?と聞きますと、老後のお金については不安、と答える人ばかりです。不安なら対策していますか?と聞くと、ほとんどの人が対策していないということも書かれていました。

 

「不安を不安のままに放置してしまっている」のが問題だそうです。

不安の最大の理由は「分からない」こと。つまり、不安の正体が分かれば不安じゃなくなるんです。

 

このように「お金」に関しては、心配していなかった大江さんですが、大江さん自身が深刻な問題だとわかったもの、そして準備をしておけばよかったと反省している点があります。老後の3大不安と言われる「健康」「お金」「孤独」なのですが、このうち身にしみたのが「孤独」だったそうです。

 

自分の「居場所」がないことの辛さは、ずっと会社員をしてきた男性は特に身にしみるようです(会社にいけば、誰かと話をしますしね)。

 

その他、大江さんは証券会社にずっといたので、大金持ちの人をみてきたけれど、株式の投資などで一財産を築いた人はほんの少しで、資産を築いた人は本業で儲けてムダな支出を減らした人なのだと書いてありました。

 熟年離婚は夫婦ともに老後ビンボー

一方、女性が気をつけることは、といいますと、長生きについてです。女性のほとんどが「おひとりさま」になります。

 

この章には、平均的なご家庭のシュミレーションが書いてありました。それで、どうしても女性のほうが長生きですから、女性だけになると夫婦ふたり時代の年金額の約半分と見込んでおいたほうがいいということが書いてありました。

 

そして井戸さんが断言しているのが、熟年離婚です。「離婚すると妻も夫も、老後は貧乏になる場合が多い」のですって。これぞ、老後貧乏ではないですか!

 

財産分与で取られ、妻の年金だって、離婚時の年金分割制度がありますが、これ、実はたいして増えないです。婚姻期間のうちの、厚生年金部分だけをさらに最大半分なので、専業主婦だったら月10万円くらいになる程度だろうと書いてありました。

 

その他、井戸さんが書いた部分には、ねんきん定期便は、実はいろんなことがわかるのだ、ということも書いてありました。あれって、かなり重要なものなのですが、中身見たことないだとか、捨てたとか聞きまして、う~んもったいないと常々思っていました。書籍には、わかりやすく見方を紹介していましたが、けっこう情報満載なのですよ。

 

この本は、年金のお得な受け取り方、特に共働きのご夫婦にとってお得な受け取り方も書いてありました。59ページに書いてあるので、参考にしてみてください。

 

その他にもいっぱい書きたいところもありますが、それは書籍を読んでいただくとよくわかるかと思いますので、これくらいにします。

 

なんだか大人気の書籍になっていまして、 Amazonでは在庫がなくなっていましたよ。注文はできるみたいなのですが、届くまでに日にち(1週間から4週間)がかかりそうでした。

 Amazonはこちらから

>>>>定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

 

それで、他も調べてみました。

楽天ブックスでも現在在庫なしですが、3月11日頃発送の予約があと25冊、となっていました(早い者勝ちですね)。

 

楽天ブックスはこちら

 >>>>定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門! [ 大江 英樹 ]

 

私が確認した時点でhontoには、まだ在庫がありました!!

hontoはこちら

>>>>定年男子定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

 

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!