埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったこと、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



協会けんぽでも、マイナンバーを取り扱いはじめます、ですって

平成29年1月から申請書にはマイナンバーあり

冷やし中華はじめます。ではありませんが、協会けんぽもマイナンバーの取り扱いはじめますよ。

f:id:rumimarusr:20161129142129j:plain

 

平成29年1月から、協会けんぽの申請書の用紙にマイナンバー欄がついてくるそうです。

 

 

協会けんぽのマイナンバー取扱いのお知らせ | お役立ち情報 | 全国健康保険協会

 

しかし、

今年12月中は、マイナンバーの取り扱いができないので、住民票などにマイナンバーが記載されていると受け取りしてもらえないので、12月中なら住民票を発行するとき、マイナンバーが書いていない方を発行してもらいましょう。

 

おそらく、まだまだ事務のほうでは混乱が続くとは思いますが。

任意継続被保険者の人も

平成29年1月以降は、任意継続被保険者になっている人は、被扶養者の届出をする際に、「被扶養者」のマイナンバーの届出が必要となりますから、マイナンバーを用意しておきましょう。被扶養者であっても申請書への記入が必要になるそうです。

 

しかし、会社から協会けんぽへは、従業員や従業員の家族のマイナンバーを提出する必要はない、とのことです。会社側の事務負担を軽減するために、原則として、日本年金機構や住民基本台帳ネットワークから収集を行うそうですから。ただ、原則として、ですから必要な場合もあり、です。

 マイナンバーを書けば、いろんな書類集めしなくてもいい

平成29年7月からは、高額療養費など申請する時に、非課税証明書など証明書が必要となるような場合は、マイナンバーを利用すれば添付書類を省略できるようになる予定だそうです。これなら、あっちの窓口、こっちの窓口と行かなくてもいいわけです。今までは、いろいろと添付書類がありましたよね。役所に申請書出すのって、添付書類だらけで。その点は、便利になりました。

 

≪申請書マイナンバーを書けば、添付書類の省略できる(予定)の書類≫

○高額療養費の申請

○高額介護合算療養費の申請

○基準収入額適用申請

○食事及び生活療養標準負担額の減額申請

○限度額適用・標準負担額減額認定証の申請

 

 

平成29年7月以降は、他の医療保険者や行政機関等との情報連携を開始予定となっているので、他の医療保険者などから加入者情報等の情報照会があった場合に、情報提供ネットワークシステムを通じてやり取りをするようになるということです。

 

だんだんいろんな役所とつながっていくのですね。本格稼働といったところか。

 

ただし、マイナンバーを使っても芋づる式にわかるのではないので、そこには注意が必要です。