埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったことを書きます



初めてのCFP試験

両方から1級を攻めるので、CFP試験を受験しました

初めて受験したCFP試験のことについてです。

f:id:rumimarusr:20160707183645j:plain

 

ブログでも何回か書いたように、FP1級を1回受験して不合格になってから、手続きを忘れたり、5月はないと後で知ったりで、受験しそこねてばかりで、とうとうCFPにくら替えしました。受験手続きの期間には、なんとかギリギリ間に合いました。

 

さらに今年の9月のFP1級は日程的に受験できないこともあって、それしか方法がなかったのですね。

 

両方から攻めるという受験方法です。何度もブログに書いていますが、CFP試験も受験しながら、1級も受けてみようという無謀な方法です。

 

それで、とりあえず、初めてのCFP試験を受験しました。AFPになってすぐだというのに。。。

 

不動産と、ライフプラニング・リタイヤメントプランニングの2科目です。

自己採点では、50問中、不動産が33問、リタイヤメントプランニングが41問正解のはずだったのです。それなら両方とも合格のはず。

 

それなのに、なぜか、不動産が不合格。

 

一番考えられるのは、マークミスですね。転記ミス。私は、2回試験中に、それをやったことがあります。

 

1回は、TOEICで、これは試験中に気が付きまして、段が一段ずれていました。それも、かなり鉛筆でマークしてから気づいたので、消しゴムで消しまくり、焦りまくりで、マークし直しました(本当に、あれは心臓に悪い)。

 

やはり、その時間がロスタイムになってしまい、思うような点数ではなかったことを覚えています。2回は内部試験のようなものでやってしまいました。

 

さすがに、41問正解できたリタイヤメントプランニングのほうは、多少転記ミスしても、合格になるでしょうが、不動産は、今回は32点以上が合格だそうですから、どこか、マークミス、転記漏れがあったのでしょうね。

 

一番考えられるのは、いつものパターンでしょう。マークが1段ズレて書いてしまったというものです。1番の問題を問題2番にマークしているようなタイプです。

いや、それとも、まさかの氏名書き漏れ?それはないですよね。今度は気をつけます(毎回、気をつけているつもりですが、やってしまうのだが)。

 

さて、次はどうするかな。

 

いまだに、CFP試験中心にするか、FP1級(きんざいのほう)にするか、決めかねています。とにかく、今年の9月はFP試験は受験できないのです。

 

今度は、試験までの期間に余裕があるようにしたいものです。

 

結果が郵送されてきて、それをみたら、点数はギリギリで不合格みたいでした(自己採点は、きっと転記ミスかと)。こういうことがあるから、リタイヤメントプランニングのように、余裕で点を取って合格しないといけませんね。