埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったこと、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



日本ファイナンシャルプランナーズ協会の通常社員総会に行ってみた

特定非営利活動法人、すなわちNPO法人

イギリスの離脱に関して、私の予想は完全にはずれました(笑)。世間の予想の逆張りをいきましたが、離脱となったようです。

 

投票用紙を目の前にしたら、残留となると思ったのですけどね。

 

円高、株安など市場は暴れ馬のようになっています。

 

そのような荒れた話ではなく、日本FP協会の社員総会に行って来ました。そもそも「NPO法人」の社員総会に出たという経験がなかったもので行ってみました。何事も経験です。

 

それと、私がファイナンシャルプランナーであるという証明のためにも、非実在と思われないように、総会に行った話を書きましょう。

 

f:id:rumimarusr:20160623195122j:image

 今回の場所は、笹川記念会館でした。戸締り用心火の用心です(意味わからない人にはわからない話)。木や草花は友達だ♪

 

私は、株主総会には行ったことがあります。最近は、行っていないので、最近の株主総会の事情がわからないのですが、「異議なし!」の声が飛び交っていました。株主総会というのは、こういうものなのかと思いました。今は、荒れて長時間かかる会社もあると聞いています。

 

NPO法人の場合も、株主総会と同じようなやり方だなという感じでした。受付をして、会場にはいることになります。会場はけっこう広いです。壇上に、株主総会なら社長など、役員がずらっといるのですが、NPO法人の場合は、理事長や理事ですね。

 

f:id:rumimarusr:20160623195132j:image

 

投票用紙を受付で渡すと、出席票をいただいて、それには番号が書いてあります。質問があったらその番号を言うのだそうです。

 

士業の方なら、総会が支部などでもあるかと思いますが、雰囲気的にはあれに似ています。たんたんと議事は進みます。うちの地元の支部は、本当にたんたんと進みますが、荒れる支部もあるのだろうか。いや、士業の話ではないでしたね。

 

 

f:id:rumimarusr:20160623195158j:image

でも、総会に出席してみて良かったです。これからどのようなことをやっていくのか、文字だけだと、現実味がないのですが、説明があるとわかりやすかったから。

 

こういうことって、人ごとになりやすいのですよね。

 

どうしても士業の総会と比べてしまうのですが、なにごとも自分がやってみるとわかることってあると思うので、士業なら役員の方々、FPなら理事の方々のご苦労もわかります。

 

そういえば、私は、士業関係のある会で、今年も監事をやることになったのだと、急に現実に戻されました。私もあれくらい監事として、ご説明しないとあかんかっただろうな。