読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

生命保険より、社会保険が得意な士業兼業者のファイナンシャルプランナー用雑記帳、気になったことを書きます



イギリスのEU離脱選挙はどうなる?

つぶやき 最近の話題

英国の欧州連合離脱をめぐる選挙は

私ごとではありますが、高校、大学、社会人になってもしばらくは私はイギリス人と文通を行っていました。初めての海外旅行もイギリス、初めて海外一人旅もイギリス。イギリス系企業でも働いたことがありまして、イギリスの話となると気になるのです。

 

f:id:rumimarusr:20160621215601j:plain

今回は、EU離脱をめぐるお話。

 

当初は残留派が余裕をかましていたと聞いていたのですが、いつの間にか、離脱派が盛り返してきたと聞きました。遠い国ではありますが、日本にも影響があります。円高、株安もそうです。

 

しばらくすると、今度は、残留派が危機感をつのらせたのか、それとも、あの女性議員の射殺事件が影響したのか、どちらともつかない状況になっているようです。

 

イギリスの多くの新聞社は立場を明らかにして、書いているようです。新聞社は残留派が多いのかな。

 

さて、日本人である私は、どちらを予想するか。サイコロをふってみましょうか。

 

う~ん、どうでしょう。イギリスは、元から欧州連合というイメージなかったですよね。島国だからでしょうか。異色ですよね。通貨だって、ユーロにならずに、ポンドのままですよね。

 

ヨーロッパ人と呼ばれるのも嫌がりそうだし。国というのは、大きければ発言力があって有利になるとも限らずでしょう。多分に、大国を目指せと、大きく大きくを目指したがるものですが、結局は、離脱したがる民族もでてきて、小さく小さくを目指す部分も出てくるものです。まったく逆の動きですね。平和でありたいと思えば、欧州連合から離脱しないでしょうが、一部の人は移民のこともあって、反対するでしょう。

 

しかし、私のシロウト予想では残留するのではないかな。国民投票だからどうなるかわかりませんけど、単なる予想です。変化はしたくないでしょと、と投票する直前に思うかなと。日本でも無党派層は、当日、どこに投票するか決めることって多いと思うんですよ。それと同じではないかと予想。

 

離脱をめぐる選挙の結果は、イギリス人の問題ですが、日本やアメリカ、世界経済にも波及するのです。

 

「英国のEU離脱とその影響」という、みずほ総合研究所の緊急リポートを読みました。

 

「英国のEU離脱とその影響~『Brexitショック』は日本経済への打撃に」

 

離脱、となったら、ヤバイですね~。こういう言い方してはいけないですけど。

 

円高になって、株安で、GDPを押し下げるのですか。

 

やはり、このレポートにも書いてありましたよ。イギリスは、EUとは距離を置きたがっていたとか、「欧州市民」と考える人が他より少ないとか、私が感じていたことも統計があったのですね。

 

ブリュッセル官僚主義の、へんてこな規制なんて知りませんでしたよ。

 

他のところでも書いてあるのを見ましたが、選挙の結果がわかるのは、日本時間で翌日、24日昼すぎくらい

だろうって。

 

それでも、もし離脱と選挙で決まったからと言っても、即、その時点から、さようなら~ではないのですよね。離脱交渉をしないといけませんからね。

 

とにかく、日本もイギリスなんて遠い国だし、その人たちの選挙なんて、と思わずに、上記のみずほ総合研究所の緊急リポート、後半部分(20ページ目あたりから)をお読みになってみてください。