埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったこと、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



投資教育は大事だけど、無料のワナには注意が必要

投資は怖いと避けないためにも、相談や勉強は必要ですが

 

前回は、投資教育の重要性を書いたのですが、投資教育というものは銀行など金融機関から受けるもの、と思う人もいるかなと感じて、念の為に書きます。

f:id:rumimarusr:20160508205243j:plain

 

私の場合は、士業兼業ですが、どうもファイナンシャルプランナーが書くと、自分の儲けのためとか、バイアスかかっているとか警戒されてしまうのですが、だからと言って、銀行なら公平ということでもないのです。

 

どこでもそうですが、無料で相談にのってくれるから、というのが実は危ないです。

 

銀行員だって、保険のセールスレディだって、ノルマがあるのですから、自分のためにご説明することがあります。

 

考えてみれば、自分の銀行に来た人に、他行のこういう商品ありますよ、なんて言うわけないのです。

 

保険の見直しだってそうです。保険の見直しをしてくれるところは、「無料相談」だから選ぶ人が多いですが、保険の見直しで、さらに保険に入ることになったなんてこともあるそうですからね。

 

いろんな保険会社の商品を扱っている中で、その中のおすすめを教えてくれるから、いいのだという意見もありますが、それならなぜ、無料相談でそのショップが成り立っているのでしょう?

 

無料でなりたつ商売はありますか?働いている人の給与はどこから来るのでしょう。どこかで、お金を取らないと経費ばかりがかかります。

 

会社で確定拠出年金を導入するにあたって、金融機関から投資教育に来るところもあるようですが、それも少し疑ったほうがいいでしょうね。銀行からすれば、うちで投資信託を買っていだだき、さらにうちで住宅ローンも借りていただいて、という人がおいしいお客様でしょうからね。

 

今は、書籍もたくさん出ていますから、独学もできますし、大学の社会人向けコースでも投資に関する勉強ができるところもあるそうです。無料ではないセミナーもあります(無料のセミナーは、商品が控えていたり、最後に売り込みがあったりしますので、これにも注意が必要です)。

 

まわりで、詳しい人に聞くのもいいですが、その人の考えが100%自分に合っているとも限りませんから、一度は自分で勉強してみることをおすすめします。

 

有料相談なら、その人だけに当てはまることも相談できます。その時でも、ある程度の知識があれば相談時にも的確な質問ができるでしょうし、相談時間をムダにしません。せっかくの有料相談なのに、基本のキを聞いていたなら、それだけで相談時間が終わり、になりますから。

 

セミナーにしろ、講座受講にしろ、お金がかかることばかりですが、無料ばかりにこだわると、かえって損することもあるのです。