読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったことを書きます



熊本地震での、緊急小口資金の貸付について

熊本地震では、特例の生活福祉資金について

熊本地震関係ですが、またまた書いていきますよ。

f:id:rumimarusr:20160508205153j:plain

私のような弱小ブログでも、どこで検索が引っかかるかわからないですからね。それで誰かが助かったり、誰かが人に教えたりしないとも限らないのです。

 

今回は、生活福祉資金です。少額資金となります。生計維持のため、緊急かつ一時的に必要な貸付なので、少額です。生活費としての資金です。たとえ、少額でも、助かる人がいるはずです。

 

熊本地震被災された方の中で、熊本県内に住所があって、一時的な生活費を必要とする世帯に対し、生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金の貸付を行うことになりました。

 

貸付対象を被災世帯へと拡大しています。さらに、据置期間の延長等を行う特例措置もできました。詳しいことは、お住まいの市町村の社会福祉協議会へお問い合わせください 。

 

社会福祉協議会の貸付は低所得者と思っているでしょうが、今回は特例です。低所得世帯だけに限らず、被災世帯全体が対象です。

 

ただ、小口ですので、限度は10万円まで(無利子)。据置期間は、1年で、据置期間経過後2年以内に返します。連帯保証人は不要。

 

 (1)世帯員の中に死亡者がいるとき

(2)世帯員に要介護者がいるとき

(3)世帯員が4人以上いるとき

(4)重傷者・妊産婦・学齢児童がいる世帯等で特に社会福祉協議会会長が認めるとき

これらの場合は、20万円まで、貸付限度額が上がります。

 

 熊本県内に居住している人だけかと思っていましたら、次のように書いていました。

本特例措置の貸付対象となる地域から他の都道府県へ避難された方についても、今後、避難先の都道府県に 当分の間(1月程度以上を目安)居住し、継続的に連絡が取れることが見込まれ、本特例措置による貸付が必要と認められる場合には、避難先の都道府県社会福祉協議会において借入の申込みが可能 

 上記に当てはまる人の場合は、避難先の都道府県社会福祉協議会で、申し込みができるそうですよ。

 

貸付に必要なものや、相談窓口についてかかれたリールレットは、↓こちらで確認ください。

生活福祉資金、特例貸付について(PDF)

 

被災したら、もうダメだと、思ったとしても何かしら道はあるはずです。何か利用できるものは無いかをまわりの人に相談してみましょう。