読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったことを書きます



『FP独立・開業読本』を買ってみた

たまたま、本屋さんで見かけた本です。いかにも、というタイトルが気に入りましたし、この類の本をコレクションしているので、早速、買いました。

 

奥付の発行日を見たら、発行日だったので買ってみました。士業の場合、開業本の流行りが一段落していましたので、もっと古い本なのかと思っていたのです。それでいつの話だろ~と奥付を見たのです。

 

FPの場合も、士業のヒヨコ狩りよろしく、FP開業セミナーが多くなっているように思います。ただ、FPは独立前の現在の年収がいいのか、士業の開業者向けセミナーよりも高額でした。

 

いや、「これからの仕事」は、こういうのがいいとか、マニュアル的な内容でしたら、3万円くらいするのですかね?(相場わからず)

 

FP業界がわかっていない私でも、セミナーの内容がオワコン臭に感じていましたが、すぐに満席になるようです。講師の先生も、ある程度、刈り取った後だからこそ、「この業務は売れる」と教えるのでしょう。成功体験とは、「すべて過去形で語られる」というのを思い出しました。

 

士業(行政書士、社労士)の開業むけセミナーは、5000円から1万円くらいが相場だと思うのですよ。もちろん、上には上があって、10万円、20万円払わないと教えてくれないものもあります。

 

どちらにせよ、セミナーを求めてアチラコチラ行く人は、カモになるのでしょう。

 

さて、セミナーの話は、これくらいにして、この『FP独立・開業読本』ですが、副題に「年収1億円を実現する」となっています。

 

 

f:id:rumimarusr:20160414131624j:image

出版社が好きそうなタイトルです(笑)。

 

先日も、ある○○士で、年収1億円を稼ぐ!のようなタイトルを見かけましたので、このようなものもあり、でしょう。

 

この本ですが、Amazonのレビューでは比較的好評でした。本当におすすめしたい人が書いているのかどうかは知りませんが、その一方で、批判しているブログも見つけました。

 

どちらにせよ、鵜呑みにするのは、いけませんので、実際に見てから決めるのがいいでしょうね。太郎さんに合っていても、花子さんに合わないということは多いですから。

 

上の写真でわかるように、この著者は「経営者・富裕層からの相談件数1,000件以上」とのことです。

 

そこからもわかるように、お金を比較的払ってくれる人が顧客です。

 

個人だけを相手にしていれば、1億なんていかないということです。取っ掛かりは、個人でもいいのですが、最終的には法人、法人役員、富裕層ということです。

 

相談料は取ってはいけないなど、マニュアル的なことも書いてありますが、この本に書かれているノウハウを実践すれば、「数年後には1億円プレイヤーとして活躍するようになった人が大勢います」とのことですよ。しかし、言うは易く行うは難し、実践が難し、です。

 

それと、疑問に思ったこと。太陽光発電のことが事例にあげられていましたが、これはまだ、やりたい人がいるのでしょうか?電力の買取価格は、どんどん下がっていますし、今では自治体からの補助金もないのでは?2012年や2013年くらいの話でしたら、わかるのですが。

 

さらに、2016年4月11日の日経テクノロジーの記事には、住宅用はどうなのかわからないけど、こう書いてありましたし。

「買取価格には廃棄費用の原資を含む」と意識喚起 

環境省、使用済み太陽光設備の処理に関するガイドラインを公表 - メガソーラー - 日経テクノロジーオンライン

 

FP業界の売れ筋がまだ良くわからないのですが、上記のセミナーではないけれど、太陽光発電オワコン臭しますよね。

 

最後に、実際に成功を掴んだとされる独立系FPの方々の話があります。そのどれもが若い人!20代なら、たとえムチャして働いても(土日なし、何十時間も働くなど)疲れ知らずですからね。

 

逆からみれば、若くてやる気に燃える人ならば、この書籍を読んでみてもいいのでは?何かしらヒントを得られそうと思った次第です。

↓ 

年収1億円を実現する FP独立・開業読本