読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったことを書きます



ブログが続かないという人の話を聞いて

ここのブログは、まったくお手本になりませんが、私は約10年近くブログを書いています。

 

いろんなところのブログサービスを利用しているので、気が向いたブログに書いていますが、平均すると1日1記事ですね。

 

このブログは、いまだに何を書いていくべきか定まらず、ですが。

 

さて、ブログをやってみたものの続かない、ということを聞きました。

1ヶ月、2ヶ月は続くのでしょうが、ネタが切れるようです。

 

2ヶ月続けば、記事もそれなりに50記事くらいは書いていますよね。

 

おそらく反応が出だすのが、100記事くらいではないかと思うのです。

 

そうなりますと、金鉱を掘るがごとく、そばまできていたのに、というパターンでしょう。

 

そういうネタ切れの方には、アクセスログを見ることをおすすめします。

私のブログにどんなキーワードで来ているのかなと見ることがありますが、面白いことに文章、それも疑問形で来る人がいるのです。

 

例えば、弁当をどんなのをつくればいいのかわからない場合、

 

「弁当 レシピ」のような単語をイメージするではないですか?

 

それが、「夜のうちに弁当を用意するには、どんな材料がいいか?」のような文章で来る、ということです。

 

これは、私が単に考えた例ですが、本当に文章で打つ人いるんですよ。

 

そうしたら、そのままこれをいただきまして、「夜のうちに、翌日の弁当を作る場合は、こういうものを下準備するといいですよ」、とアンサーのブログ記事を書けば、イチ記事出来上がりです。

 

そんな文章で来ないよーという人は、キーワードをながめていれば、答えられるものがあるはずです。

 

すでに書いていたのなら、その補足でもいいです。前回の記事に続いて、でもいいです。

 

やってみてください。検索のキーワードがある、ということは、そのことについて調べている人がいるってことです。

 

あとは、、、

 

他人のブログ記事を読んで、自分はこう思うよという自分の意見を書くということもいいでしょうし、ネットの記事見て、こんな感想をもったでもいいです。

 

そうやっていけば、書けますよ。

 

ブログを書く時間さえ、もつことができれば、続きますって。