埼玉のファイナンシャルプランナーのブログ

ファイナンシャルプランナー用雑記帳、専門家の視点で気になったこと、新しい技術、新しい製品など好奇心の赴くままを書きます



年金関係

遺族年金受給中の人は、老齢年金との比較もあるので、早めに相談を

年金事務所なら無料ですから早めの相談を 今回は、サラリーマンの夫が亡くなった遺族年金受給中の女性の方向けの話です。 どうしても女性は男性よりも給与が低いので、もらう年金も少なめです。基礎年金は、給与が高い低い関係ないのですが、報酬比例部分と…

老齢年金で、いまだに間違って理解されている部分

特別支給の老齢厚生年金と、繰り上げの年金を混同 このブログでも何度か書いてきたことですが、年金事務所で相談業務のお手伝いにいっている人に聞きますと、いまだに多いそうなのです。この誤解。 年金を受けられる年齢というのが、生年月日によってちがい…

平成29年1月から、マイナンバーによる年金相談できますよ

年金事務所でもマイナンバーが必要になってくる機会が増え 年金事務所で手続きをしたことがある人ならわかりますが、年金事務所では必ず、基礎年金番号を聞かれます。 誰かの代理で行く場合も、その人からの委任状と基礎年金番号は必要でした。ですから今ま…

平成28年4月からと10月から施行された厚生労働省関係の制度改正

改正法が成立した時と、施行となった時は別なので けっこう私はごっちゃになりやすいのですが、制度が変わると改正法が公布されたことと、施行となったことが紛らわしいです。 特に、厚生労働省関係は、改正が多いので追っていくのが大変です。 あれ、これは…

パート主婦ばかり注目されていますが、年金受給者で社保適用になった人へ

今まで社会保険の適用になっていなかった高齢者の方で一部の人は 圧倒的多数はパート主婦だとは思いますが、該当する人もいるかと思いますよ。 以前にも書きましたが、パブコメも終わり、本決まりになりまして、日本年金機構のページにも書かれていましたの…

受給資格期間10年にー特別支給の老齢厚生年金もお忘れなく

年金の受取開始は、人によっては65歳前からの人もいる 本来は、消費税が10%に上がってから、と言われていたのですが、それよりも先に、年金の受給資格期間を25年から10年になります。 臨時閣議で決定したそうです。 2016年9月26日付けNHKニュースより 年…

10月から社会保険適用拡大の在職老齢年金についてパブコメ中

今まで社保に入っていなかった在職老齢年金を受給している人も パブリックコメントを募集中とのことなので、この問題に関心がある方は、いかがかと思いまして、書いておきます。 ただし、期間がすぎるとこのページにはいけないと思いますので、念のため。 se…

国民年金基金の統合はやるべきでしょうね

確定拠出年金を選ぶからなのか?加入者減少傾向とのこと 都道府県ごとにわかれている意味がわかりませんね。自営業者なら一度は聞いたことがあるでしょう。国民年金基金のことです。加入者も減少傾向ことです。 以前は、自営業の場合、会社員のような年金2…

誤解が多い離婚時の年金分割制度

年金分割制度は2種類あり 前回のブログで、年金は夫婦で考えるようになっていて、なるべなら、妻も働いて年金額を増やそうということを書きました。 年金だけでみますと、夫婦のままでいることが一番いいのですが、年金のために離婚しないというのも(逆に…

103万円や106万円、さらに130万円の壁と壁ばかりですが

壁ばかりですが、年金は増やしておくほうがいいです 壁と言われる金額は、いろいろとありますよ。 今年(平成28年)10月から、501人以上という前提はありますが、パートさんも社会保険の適用になると言われています。従業員501人以上の会社でパートと…

平成28年7月より年金の若年者猶予の対象が50歳未満へ

払えないのでしたら、免除や納付猶予を選びましょう 平成28年7月1日から、国民年金保険料の納付が難しい人のための若年者納付猶予の対象者が広がる予定です。 今までは30歳未満の人までだったのが、若年者と呼ぶのかどうかわかりませんが、50歳未満ま…

在職老齢年金の支給停止の仕組みは

65歳の前後で老齢年金の支給停止の式が違う 先日定年退職後の再雇用で給与が下がった場合のことを書きました。 定年退職後の再雇用給与が下がったら、雇用保険から給付金を その時在職老齢年金をもらっている人は、併給調整が入ることを書きました。 老齢…

2016年10月からパート、アルバイトの厚生年金、健康保険の適用拡大

将来的には、夫の扶養になれる範囲は縮小して、一億総活躍社会へ 年金制度ですが、3号被保険者については批判もあります。しかし、約1000万人が該当するとのことなので、年金財政が厳しいと言われながらも、なかなか本人に年金保険料を払ってもらうとはいか…

年金積立金の運用で損失が何兆円より手数料が気になる

損失でも、手数料は支払うのですよね? この2016年1月から3月までの年金の運用損失が5兆円だとか、6兆円だとか試算されているそうです。 2015年度としての1年間でみても、対前年比を考えますと、損失なのでしょう。 以前のポートフォリオでした…

老齢年金のことで、とてもよく聞く誤解

先日、ある年金相談の相談内容を見ていました。 またもや、誤解しているなぁと思ったこと。「特別支給の老齢厚生年金」と、本来の老齢厚生年金や老齢基礎年金とごっちゃになっていることです。 60歳になって、日本年金機構から年金請求書と、なんだかいろ…